<<04  2007,05/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フィラリアについて
→フレンチブルドッグひろば

今年もフィラリア予防薬投与の時期がきました。
通年投与する地域もあるかと思いますが、我が家の辺りは
5月~11月頃まで投与する人が多いようです。
うちには庭に池があり、蚊が結構発生してしまうので、もう少し長く投与すると思いますが・・・・

さてここで、皆さんご存知のことばかりだと思いますが少しおさらいを。

【フィラリアとは】
フィラリア症(犬糸状虫症)とは、蚊によって媒介される
フィラリア(犬糸状虫)という寄生虫によって起こる病気です。
犬の心臓や肺の血管に寄生し、呼吸器や循環器、泌尿器に
障害をもたらします。

【フィラリアの感染経路】
①フィラリアに感染している犬から蚊が血液とともに
 ミクロフィラリア(フィラリアの子虫)を吸い込む。
②蚊に取り込まれたミクロフィラリアが、
 蚊の体内で感染能力のある感染子虫に成長する。
③蚊が犬を吸血する際に感染子虫が犬の体内に侵入する。
④感染子虫は犬の体組織を移動しながら成長していき、
 やがて心臓にたどりつき成虫となる。
 (この成虫は約5年間生きます。)

【フィラリアの症状】
最初のころは、咳をする、やせてくる、食欲がない、
散歩などの運動を嫌がる。
症状が重くなると、失神、貧血、腹部がふくれる(腹水のため)、
尿が赤くなる(血色素尿)などの症状もみられるようになります。

【フィラリアの予防方法】
フィラリアは予防薬で感染を防ぐことができます。
予防時期は地域によって異なりますが、毎年、
蚊の活動開始1カ月後から活動終了1カ月後まで、
予防薬を投与することで、感染を防ぐことができます。
ただし、感染してから予防薬を始めると、ショックを起こすことがあるので、
生後6カ月以上の犬に初めて予防薬を与えるときには、
すでにフィラリアにかかっていないか、検査が必要になる場合もあります。

ここでひとつ重要なことは・・・
フィラリアの予防薬は、正確には、
犬が蚊に刺されるのを予防するのではなく、
蚊から刺されたときに皮膚に入ってくるフィラリアの幼虫が
血液中に達する前に駆除する薬です。

なので、予防薬を投与するだけでなく、
犬が蚊に刺されないように予防することも大切です。

フィラリアの検査には2種類あるのですが
■ミクロフィラリア検査
 血液中のミクロフィラリアの有無のみをチェックする検査方法。
 直接鏡検と、集中法、フィルター法などがあります。
■抗原検査
 検査キットを用いて、血液中に成虫が放出している物質(抗原)を
 化学的に反応させる方法。
 数分で判定がつき、ミクロフィラリア検査より正確な結果が得られます。
ほとんどが、ミクロフィラリア検査のみだと思います。

近年、フィラリアのオカルト感染が急増しているそうです。
■オカルト感染
 感染があっても、血中にミクロフィラリアが証明されていないもの
 つまり、フィラリア(成虫)が心臓に寄生していても
 ミクロフィラリア(幼虫)を産出せず、成虫の寄生を見逃してしまう、
 ということです。
オカルト感染の有無は、抗原検査でないとわかりませんので、
心配な方は一度、獣医さんに相談してみるといいかもしれません。

オカルト感染の原因のひとつに<不完全予防>があります。
■不完全予防
・1回もしくは数回、投薬を忘れてしまう
・投薬時期を早めに切り上げてしまった
・犬が薬を気づいていないうちに吐き出していた
・薬が吸収されていない(体調不良時に投与したなど)
1999年に日本糸条虫症例会が行った全国疫学調査によると、
予防をまったくしなかった犬のフィラリア感染率は、関東の例で50%ですが、
不完全予防でも、関東の例で45.6%の犬が感染しています。
一方、完全予防では、この調査では感染を認めませんでした。

フィラリアは、きちんと予防薬を与えていれば、ほぽ100%予防できる病気です。
愛犬の健康を守るために、私たち飼い主にできることは何か、
これからも考えていきたいと思います。


レオ・ココもフィラリア予防薬をいただいてきました。
ココ、体重9.9kg。だいぶ増えてきました!
で、レオ体重11.38kg・・・・来月までには少し痩せた方がいいかと思われます^^;
DSCF5781.jpg

その他にも諸々。
■マラセブシャンプー
 レオに、ニキビ?みたいな湿疹がチラホラできてます。
 昨年の今頃にも出てたのですが、今回も同じように新陳代謝で分泌されたものが
 毛穴に詰まってできた湿疹のようです。
 マラセブシャンプーでしばらく様子見。

■点眼薬
 ココの視力の弱い方の眼(左目)の目やにが気になるので、診ていただきました。
 結膜炎のような症状だそうで、大したことはありませんでした。
 が、右目の角膜に傷が・・・・^^;
 それぞれの点眼薬が処方されました。
 あとレオにも、これまでに引き続き、角膜を保護するための点眼用オイルをいただきました。
 (細かい傷が結構ついているんです・・・・)

■耳の洗浄液とフロントラインプラス
 フロントラインはできれば使いたくないんですけどねぇ・・・
 去年、ガーリックのサプリとハーブ系の虫除けスプレーが
 結構有効的だったようなので、今年も続けていくつもりです。

早速、マラセブシャンプーで2頭を洗いました。
 

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : フレンチブルドッグ★ライフ
ジャンル : ペット

プロフィール

chocolat

Author:chocolat
ようこそ★
<chocolat's Cafe>へ


フレンチブルドッグのLeopold&Lukeと
そして相棒と
鎌倉でのんびり暮らしています。

広島ドッグパークからレスキューされ
みんなから愛されたCocoaは、
2009年11月25日に
虹の橋を渡りました。
お世話になった皆様、
本当にありがとうございました。

リンク
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。