<<04  2017,05/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トレーニング~ココ編(第2回)
20070802025618.gif


先日の土曜日、ココの2回目のレッスンデーでした。
まずは、前回と同じく私の足の間にココを座らせるところから・・・

が、ココが自分から私にお尻を向けて座るよう促すのが結構難しい。。。。
f30 002
うちは、ママのお顔を見ていたいんじゃけ・・・

うんうん、それはわかるのだけど(笑)
レッスンを始めてみて初めて、ココの今までの行動は
私が全て<させていた>ことで
ココが自ら<していた>わけじゃないことに気づきました。
私が後ろにまわっても何もしないよ、大丈夫だよ、ということを
ココが理解し、安心感を持てば、すんなり背を向けて座ってくれると思うんだけど。。。。。
レッスンを重ねていく中で、少しずつこの姿勢をとるまでの時間が短縮されるといいな。

(前回は、私達以外誰もいない静かな場所=神社でのレッスンでしたが
 今回は子供達もたくさん遊んでいる公園の一角で行ったので、
 最初、ココが少し途惑っていたのは仕方ないかな、と思います。)
f30 003

でも、前回のように私が後ろから手を伸ばして体を触っても、
緊張する様子は全くありませんでした。
f30 004

うっとり・・じゃけ・・・
f30 007

このレッスンをレオが見たら、怒るだろうなぁ(笑)

1回目は、緊張して足に力が入っていたココですが、
今回は自分から、リラックス姿勢をとり伏せてしまいました。
f30 010

でも、伏せていても耳は立ってます!
私の声をしっかり捕らえようとココが思っていることが、よーくわかりますね。

今回は1段階アップ。
ココの上から、私が覆い被さるような姿勢をとります。
(あ、体重はかけないように腹筋に力、入れてますよ(笑))
f30 012

ココは、緊張感を見せずリラックスしたままでした。
すごい、すごい!

次は、一緒に歩いてみます。
ココが私から注意をそらしたり、付いて歩かずにそれてしまったりしたら
私はすかさず立ち止まり、ココに<おいで>と声をかけます。
レオの時とは違い<ツケ>を先に意識させることはしません。
f30 015

少し歩いただけで、ココはすぐに<ツケ>を自分から意識して歩けるようになりました。
(元々、ココは引っ張り癖がないので
そういう意味では進歩があるようには見えないかもですが
自分で考えて行動する、その意欲をココが持ち始めたことに私は驚きました。)

次は、歩いている途中で何度か<止まれ><お座り><待て>をやってみます。

<止まれ>は、レオのレッスンでもやったように、
止まろうと思う場所の2~3歩手前で声をかけるようにします。
ココは、一度目からピタッと止まれました。優秀です(笑)
<お座り><待て>もとってもスムーズ。
f30 016

しかも!写真を後で見て驚きましたが、こんなにちゃんとアイコンタクトもとれてました。
今までのココにはありえないことです。

さらにビックリが続き・・・・
先生が「少し休憩しましょう。」とおっしゃったので、ココに水を飲ませてさて、休憩・・・と思ったら
ココがいきなり、私の傍らに来てお座りをしました。
どうやら、「休憩はもう終わりじゃけん。」と言いたかったらしい(笑)
すっかり、レッスンモードにスイッチ入ってます。
f30 017

こうして歩いていても、しっかり集中してます。(耳、かなり立ってますねー)
しかも、ヒールポジションはばっちり。
f30 018

最後は、<フセ>で<待て>です。
私はココからあまり距離をとらずに立っているようにし、褒めるだけでなく
都度、体を触ったり、撫でたりするようにします。
f30 022

すぐそばを自転車に乗った子が通っても、その子がココに近づいてきても
きちんと待っていられました。

私はもちろん、薩美先生、そして見学に来て下さった蔦田先生も
ココのあまりの進歩、というか上出来ぶりに本当に驚かされた日でした。
おそらく、今までレオココで散歩したり、日常を過ごしている時に
私がレオにかける言葉や、その時に褒められている様子を見聞きしていたココは
その時は、他人事のように感じていたことをレッスンを通して
そっか!レオはこのことで褒められてたんだ、と気づいたんでしょうね。
自分の番になって、今までの見聞を我が事としてどう活かせばいいのか、
その理解度がココは高いのかもしれません。
先生には、ココの目がぱっちりと見開き、そして
常にアンテナのように耳を立てている様子を指摘され
何か(まさに)開眼したような感じだと思いました。

そもそも、薩美先生になぜレッスンをお願いしようと思ったか、
それは私とココの間に、何か互いにもどかしいものがいつまでも横たわっていて、
コミュニケーションがとれていない感じがすること、そして
ココの意志表示が乏しいこと、意欲に欠けていること、
それらを何とかしたいなぁ、と考えたからです。
最初にレオとレッスンを受けたことで、
私自身の態度や接し方に変化があったことは否めませんが
それ以上に、私はココに対して何か大きな思い違い、というか
強い思い込みをしていたのかもしれないなぁ・・・そう思います。
この仔はこういう仔だという決めつけが、
ココ自身の意欲を発揮できなくさせていたのかもですね。
きっとココは、ママやっと気づいてくれたじゃけーと思っていることでしょう(笑)
f30 025

これからも焦らずに、ココの育て直しレッスンに取り組みたいと思います。

<web>拍手、お願いします♪

スポンサーサイト

テーマ : フレンチブルドッグ★ライフ
ジャンル : ペット

Secret
(非公開コメント受付中)

ママ気付いてくれて良かったねー、ココ。
多頭での先住犬を見る(知る)良い点がばっちりココアには伝わってたんですね。
ココアはすぐ卒業だ!
>梅松父さん
そうですよねーーービバ多頭飼いですっ!
プロフィール

chocolat

Author:chocolat
ようこそ★
<chocolat's Cafe>へ


フレンチブルドッグのLeopold&Lukeと
そして相棒と
鎌倉でのんびり暮らしています。

広島ドッグパークからレスキューされ
みんなから愛されたCocoaは、
2009年11月25日に
虹の橋を渡りました。
お世話になった皆様、
本当にありがとうございました。

リンク
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。