<<04  2017,05/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トレーニング~ココ編(第3回)
20070802025618.gif


私の住んでいる横浜も、さむーーーーい日が続いています。
レオココは、ヒーターの前が指定席★
080115_1558~0001

ココがラグの3分の2を占領しているのは、力関係の表れでしょうか・・・(笑)

3連休初日の12日は、ココの3回目のレッスン日でした。
レオのレッスンの時は、雨の時には中止にしていただいて
外でしかレッスンをしたことがなかったのですが・・・
ココの場合は、あまり間をあけずにレッスンを受けたいということもあり
初めて室内でのレッスンをお願いしました。
先生の訪問を受け、すぐさまニヤーーっと(笑)笑顔を見せたココですが、
リードをつけた途端、あれ!?何するの?という感じでちょっと緊張。
たちまち表情が硬くなってしまいました。
f30 002

この日は、そらまめ家のパパさん&ママさんがレッスンの見学に来てくれました。
そらまめさん、写真をたくさん撮ってくれてありがとーーーー

まずは、これまでのレッスン同様にココを私の足の間に後ろ向きに座らせて、
体を撫でたり、触ったり、声をかけたり・・・・です。
f30 003

ココの体を私が動かして、向きを変えるのではなく
自ら後ろ向きの姿勢をとるよう促すのですが、
1回目はここまでかなりの時間がかかっていたのに、今回はかなりすんなりと♪
f30 005

私への信頼感や安心感が、強まってきてくれていることを実感しました。
そして、体だけでなく心も預けてくれているんだなぁ、と思うと本当に嬉しいです。
レッスンを始める前は、1年一緒に過ごしていても、どうしても
互いの間に薄皮一枚挟まってる感じで、どこかもどかしかったのですが。。。。。
私もココも、どうやったら意思の疎通がはかれるのか、がわかり始めたのかもしれません。

ココは、私が後ろから手を伸ばし、何をしてもリラックスできています。
力がどんどん抜けてきたようで、ついにフセちゃいました。
f30 009

先生が鼻をツンツンしても、動じません(笑)
f30 008

さらに、今回は1段階UP。
ココは警戒心が強い、というか、自分の身を守る気持ちが強いので
自らお腹(=犬にとって最も弱い部分。大事な内臓を薄い皮膚だけで守っている所なので)を
見せることはあまりありません。
(アホアホは全く別ですが。)
私がお腹を触ることにはもう、全然抵抗感もないので
すこーーしずつ体を傾けるよう促します。
f30 011

ちょ、ちょっと緊張するじゃけぇ・・・・
f30 012

足に力は入っていないので、イヤなわけではないと思います。
ただ、少し躊躇はあるのかなぁという感じ。
なので、ココを安心させるために、大丈夫だよー、いい子だねぇーとたくさん声をかけます。
f30 013

最終的には・・・・
うふふ、じゃけぇ。
f30 017

お腹の下の方にまで手を入れても、和らいだ表情のままです。
f30 022

次は、マテです。
私がそばを離れてもこの通り。
もちろんマテの声かけと、褒めることはしています♪
私の声を聞こうとしているのか、耳はしっかり立ってますね。
f30 029

マテは得意じゃけぇ。
f30 031

マテを解除すると。。。。ヨッコイショと立ち上がりました(笑)
f30 033

よくできたねー!!すごいすごい♪
f30 034

次は、少し室内を歩きます。部屋の端から端まで歩く間に、3回座れをやりました。
f30 043

止まれ、を言うとココはぴったりヒールポジション。
うむーレオより断然、できがいいですなぁ(爆)
f30 039

今度はマテをかけて少し離れて・・・・
f30 046

オイデ、と声をかけます。
f30 050

そしてヒールポジションで自ら止まるココ。
f30 052

すごいねぇー!!
f30 053

うちには、朝飯前じゃけぇ。

今度は、少し重そうにしているリードを外します。
f30 054

リードなしで、マテ、そしてオイデ。
f30 058

f30 059

これでいいじゃけぇ?
と、しっかりアイコンタクト。
f30 060

うーん、ココは飲み込みが早い、というか反応がすごくいいんですよね。
私自身、ココにはかなり驚かされています。
f30 061

次は、マテをさせたまま私は部屋から出ます。
f30 069

私がドアを閉めた途端、ココの耳アンテナ始動(笑)
f30 070

ドアはガラスが入ってるので、私の姿はなんとか見えていると思います。
先生の指示で、私はマテのジェスチャーを大きくし、ココに伝えました。
f30 074

顔は上げてましたが、最後まできちんとマテができました。
私が部屋に入っても、そのままマテだよ。
f30 076

おーー動いてない(笑)
えらいねー!!!
f30 077

マテのまま、私がココをまたいでAライン。
f30 081

なぜか私のジーンズの裾が片方だけ上がってた・・・・(爆)

今度は、私がココから少し離れた所からマテをかけている時に、先生がココに近づきます。
f30 085

先生の誘惑がかかっても・・・・
f30 086

ココ、しっかりマテできていました。
本当にすごいなぁ~
f30 089

最後に、室内レッスンならではの課題にチャレンジ。
お客様の訪問に対して、落ち着いて対処できるかどうか、です。
実は、これはココは全然問題なし。レオはあちゃーーって感じ(苦笑)
今日、ココと一緒に教わったことをレオで実践しなくては。

インターホンがなりました。
(ここではリードを再度付けました。)
f30 094

飼い主は慌てず、焦らずにお客様に「少しお待ち下さい。」と中から声をかけ
ゆっくり動きます。
玄関まで出たら、座れをさせて落ち着かせてから、扉を開けます。
f30 095

お客様を招き入れたら、そのまま上がっていただき、部屋にお客様を先にお通しします。
その間、ココは座れのまま。
お客様の後で、ココを連れて部屋に入ります。

ここで、大切なこと。
私達、犬を飼っている人間はどうしても、こういう場合に限らず、人間同士の挨拶もそこそこに先に犬に声をかけてしまったり、犬を撫でたり、抱っこしたりしてしまいがちです。
それはNG。
犬の興奮を増長してしまうだけ、です。
特にフレンチブルドッグは、すぐにはしゃいで嬉しさ爆発!という感じになってしまいますよね。
もちろん、そこが可愛いところでもあるのですが・・・・
人に跳びつく行為、二本足の姿勢、興奮がおさえられない等、止めさせたいことは数多くあります。
ではどうすればいいのか、というと、まずは無視。
そこに犬がいないかのように振る舞います。
先ほどのケースで、もし自分が客側だったとしたら、部屋に入ってしばらく飼い主同士で話をした後に
思い出したように、犬に声をかけたり撫でたりするんです。
誰か来てもすぐには相手にしてくれない、ことがわかり
しかも、しばらく大人しく待ってると、褒めてもらえたり、撫でてもらったり。。。。
ご褒美がたくさんもらえることを覚えれば、
インターホンがなっても落ち着いて対処できるようになれますね。

レオたん、がんばるじゃけぇ。
f30 100

ココ、今度お手本を見せてあげてよぉ・・・・

レッスン中、いい子で待っていたそらくんと
f30 121

まめちゃん。おつかれさまーーー★
f30 119

今週から、薩美先生のレッスンを受けることになりました。
一緒にがんばりましょう!

そしてこの日は、鈴Buzz家が遊びに来てくれました。
蛍月ちゃん、はじめましてでちゅ。
f30 106

ほっちゃんのあまりの可愛さに、みんなメロメロ~~~~
人気を独り占めだったので、レオココはおそらく嫉妬していたに違いない(笑)
f30 107

そんなことないなのだ。
でも・・・・ほっちゃん、できればキュートの極意を伝授してくださいなのだ。
師匠と呼ばせていただくなのだ。

今度は鈴ちゃん&Buzzくんも一緒に来てね~~
スポンサーサイト

テーマ : フレンチブルドッグ★ライフ
ジャンル : ペット

Secret
(非公開コメント受付中)

レオ君のレッスンから楽しみに読ませていただいてます。
やっぱり、レッスンって良いですね。
ココちゃんの安心しきった顔を見たら、余計にそう感じました。
我が家も真剣に考えねばっ!
遅くなりましたが、CM見ました!レオ君だって、わかりましたよ~。
>こゆきママさん
レッスンを受けると、一番変わるのは
飼い主の意識です。
そして・・・気づくんですよね。
犬の態度や行動を導いてあげて、
そしてストレスなく、楽しく幸せに暮らせるように
してあげること。
それは飼い主の役目だし、責任でもあるんだなぁと。
もっと難しく考えていたし、たかーいハードルがあるように思ってましたけど
そんなことない、ということがわかって安心できたのは
薩美先生のお力かなぁと思います。
とにかく、レッスンは楽しいので
ぜひ一度、見学されてみるといいですよ♪
プロフィール

chocolat

Author:chocolat
ようこそ★
<chocolat's Cafe>へ


フレンチブルドッグのLeopold&Lukeと
そして相棒と
鎌倉でのんびり暮らしています。

広島ドッグパークからレスキューされ
みんなから愛されたCocoaは、
2009年11月25日に
虹の橋を渡りました。
お世話になった皆様、
本当にありがとうございました。

リンク
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。