<<03  2017,04/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
cocoaの検査
cocoaは、一時預かりしていただいていた静岡で、
獣医さんに診察してもらっていました。

そこでの結果ですが、
■フィラリア(-)
■中耳炎が酷いので、飲み薬と点耳薬で加療。
■頭の傾きはその耳の炎症からきているかもしれない。
 (もしかしたら外傷性のものかも)
■皮膚に疥癬の症状はみられないようだ。
 (ただ、耳の縁が黒いのはもしかしたら・・?)

その他に、cocoaを預かってくださっていた方のお話では、
■年齢は3~4歳ではないか。
■お産を何度かさせられているだろう。
■自分のケージは汚したくないようで、
 トイレはしたそうな仕草が見られた時に、庭に連れ出してさせている。
■元気でごはんはよく食べている。
■一緒にいるピットブルにもケンカをうっている(笑)

私自身、cocoaの今の状況をきちんと把握しておきたかったこと、
そして、緊急に治療を要することがあるならば、
まずその対処をお願いしたいと思い、
うちに迎えてからすぐに、獣医さんに連れて行きました。
(10月11日のことです。cocoaの様子や、体調などもこの日に書きとめておいたものです。)

病院・・・?
そこって、おいしいもの出るのかしらぁ?
1-820586_3810142137.jpg


それはどうかなー(笑)

血液検査とレントゲンはとりあえずやってもらおう、と
その他は必要があればお願いするつもりでした。
結果は以下の通りです。(メモ書きですみません)



◆体重:7.15kg
◆年齢:推定4~5歳
◆フィラリア陰性
◆膀胱炎の症状あり
◆疥癬はなし
◆耳は比較的キレイ
 中耳炎・外耳炎ともに症状はほぼみられない

*耳の縁が黒くなっているのは、皮膚病、虫、カビなどではなく栄養不良のせい。
 栄養不良からくる血行障害で、皮膚が荒れたようです。

*膀胱炎は、おそらく極度のストレスのせいでしょう、とのこと。
 薬や、療法食などの必要はなし。腎臓や肝臓にも問題はない。様子見。

*何箇所か、皮膚がハゲている部分あり。
 元々、脂漏性らしく、その名残りからきているものらしい。
 栄養状態がよくなれば、自然に治るでしょう、とのこと。
 その証拠に痒みはなさそう。このまま様子見。

*骨質がかなり薄い。
 栄養状態を考えると仕方ないが、この骨から推察すると年齢は4~5歳らしい。

*顔面(左側)は麻痺がみられる。
 麻痺のせいで頬の辺りが萎縮しているのがはっきりわかる。
 (ほっぺのたるみが全くといっていいほどない。右側はそうでもない。)
 また、まぶたを触っても、反応がほとんどないことからも、麻痺があることがわかる。
 左目の視力はほとんどないと思われる。
 顔面麻痺、視力、顔の傾き、これらはおそらく、
 かなりの強い力が外から加わったせいだろう、とのこと。
 (その際、三叉神経・顔面神経がダメージを受けたらしい)
 今のところ、これ以上の治療の手立てはない。

*痩せ過ぎによる、関節障害のおそれあり。
 かなり関節に緩みがあるので、それを支える筋肉等がない今の状態を早く脱することが必要。
 貧血もかなりみられるので、栄養状態の回復が必須。

*胸椎の三箇所にクサビ状椎が見られた。
 (要するに骨の変形)
 腰椎にもつぶれたような部分あり。
 これはフレンチにはめずらしいものではないが、
 上でも書いたように骨を支える筋肉が衰えている状態なので、改善していかないと、
 将来、歩けなくなるなど麻痺が出る可能性もある。


狂犬病予防注射やワクチンなどは、今後、
先生と相談しながら、時期をみて打つことになると思います。
避妊手術は、まだしばらくは無理そうですね・・・

もっといろいろ予想してましたが、
思ったよりはココちゃん元気なようで、そこは一安心。
特に、内臓には問題ないみたいです。
あの食欲も納得(笑)
下痢・嘔吐は全くないので、食餌に関してはあまりナーバスにならなくても平気かな。
今は、野菜・穀物・たんぱく質のおじやを1日2回、あげてます。
内臓肉を意識的に入れていこうと思っていますが、
筋肉を増やすために、もっと工夫していく必要がありますね。
量は、レオより若干少なめにしてます。
でも今後は、お腹の様子をみつつ、増やしてあげようかと思います。
かなり足りなさそうだし(笑)
先生には10kgくらいまでは、増やしてあげたいね、と言われました。
体長を見ると、レオと同じくらいはあるので、きっとそれくらいがベスト体重かもしれません。

先生にはとても優しく、丁寧なお話をしていただきました。
ココちゃんが、広島からレスキューされてきた仔だということで、殊更、気にかけてくださったようです。
今後もいろいろ相談にのっていただきつつ、ココちゃんのケアをしていきたいと思っています。

先生は、ココちゃんの屈託のない性格にいたく感心しておられました。
私もそこに、とても救われています。

ココちゃんの左目が見えていないこと、そして、顔面の麻痺、顔の傾きがどうやって起こってしまったのか・・・・
それを思うと、涙が止まらないです。
ココちゃんはどんな環境で、生かされていたんでしょう。
こんな状態になるには、よほどのことがあったはず。
今はもう、知る術もないですし、想像もつきません。

先生もおっしゃるように、
ココちゃんは見えていなくても、麻痺があっても
もう片方でカバーして、あまり気にしていないようなので、
このまま、過ごさせていくことを考えていこうと思っています。
もちろん、何らかの治療の手立てがあるなら別ですが・・・

今のところ、歩くことにも支障はなさそうです。
帰り道、駐車場から家まで、うれしそうにトコトコと私と歩いてくれました。
あんまり引っ張らないし、リードにも慣れていないはずなのに、なかなか上手でした。
少しずつ、お散歩にも出してみようかな、って思っています。

今日は、レオをココちゃんのいる部屋に入れてみましたが
お互い、無関心風(笑)でした。
今はこれでいいと思ってます。
無理に仲良くさせるつもりはないので、
少しずつ、お互いの存在を受け入れてくれたらな・・・とそう思います。

お腹空いたわーーー早く早く★
820586_3260128698.jpg


なぜか、トイレがお気に入りのココです。
820586_1172465358.jpg


ココちゃんハウス、完成。レオのより広い・・・(笑)
820586_3090535390.jpg


庭に出てうれしそう♪
820586_2548595503.jpg
スポンサーサイト

テーマ : フレンチブルドッグ★ライフ
ジャンル : ペット

Secret
(非公開コメント受付中)

はじめまして。他のブログでドッグパークからフレンチブルを引き取ったと読み、ここに来ました。ココちゃん、ドッグパークにいたころよりも、だいぶ元気な顔になったと思います。

MixiのフレンチブルのコミュニティーのChocolatさんの書き込みも読みました。私は、Chocolatさんが、ココちゃんを引き取ってくれてよかったと思います。フレンチブルを飼っているから、ついついフレンチブルの子が気になってしまうかもしれません。でも、私が、もしアークエンジェルズさんの立場だったら、フレンチブルを飼ったことがある人、飼っている人に引き取ってもらいたいなと思うはずです。やはり、フレンチブルの特徴や健康面などで詳しい人の方が、良いと思うからです。
私も1匹フレンチブルを飼っていますが、いつかレスキュー・グループから1匹、引き取りたいなと思っていますが、なかなか行動に移れないでいます。特に虐待にあった犬を引き取るのは、簡単な事ではないです。
私が、アークエンジェルズにできたことは、ドッグフードの寄付だけです。ショコラさんは、1匹の犬を幸せにしてあげようと行動を起こしたわけです。すばらしいですよね。ブログを読んでいると、手作り食をあげたり、Leopold君との関係も考えてあげたり、ショコラさんなら、絶対にココちゃんを幸せにしてあげられるはずだと、思えます。これから、大変な事もあるかもしれませんが、がんばってください。
初めての書き込みに長々と失礼しました。
初めまして。ドックパークのブログを廻っていてこちらに着きました。ショコラさんにもらわれたココちゃんは本当に幸せですね。
あんな酷い目にあっても、ワン子達は人間を許してくれるんですね。本当に天使ですね。
ココちゃんの成長楽しみにしています。
お久しぶりです。ココちゃん元気そうでなによりです!いっぱいの愛情とあったかい家族に出会い、私はうれしいです。レオ・ココママさん頑張ろうね!

ココママさん。ココちゃんのこと、本当にありがとうございます。
珊瑚ちゃんのブログでドッグパークのことを知り、AAのホームページで「標本のようなフレブル」の写真を見て、思わず大泣きしてしまいました。そのココちゃんが、こんなに元気になって、とてもうれしいです。ココちゃんの顔にやすらぎが感じられます。やっと幸せがやってきたね。よくがんばったね。神様っているんだね。と思いました。ココママさん、お忙しいのに近況報告ありがとうございます。これからも大変だと思いますが、陰ながら応援しています。がんばれ!
>Snoopyママさん
とってもうれしいコメント、ありがとうございます。
フレンチにこだわって、cocoaを迎えた訳ではないですが
でも、フレンチを飼っているからこそ
できることがあるのではないか、そう思いました。
ひとつの命を預かることの責任の重さに
躊躇することもありましたが、でも、
cocoaを迎えてよかったと思う毎日です。
よかったらまた、cocoaの顔を見にきてくださいね。
あ、レオもよろしくです(笑)

>チロさん
cocoaは、人間に対しては、怯えたり、怖がったりということが
一切ありませんでした。
ただ、きっと、人がくる=エサをもらえる、のような
図式ができていたのかもしれません。
どこか、媚を売るような感じにも見え、
それはそれで悲しくなります。
そんなことしなくても大丈夫なんだと、
早くわかってくれるといいのですが。。。。
これは、犬達を都合よく扱ってきた人間として
とるべき責任ですね。
私自身、そのことをきちんと受けとめていかないと、と
思っています。

>さくぶぶママさん
ありがとうございます。
ママさんが、私の後押しをしてくださったこと
とても感謝しています。
いつか、ココと一緒に会いに行かせて下さいね。

>フレブルまりもとみるくのおかあたんさん
コメントくださってありがとうございました。
あの写真、人の心に多くのものを投げかけますね。
cocoaがどんなところにいたのか、それを忘れないためにも
あのような形で残っていることが大切かもしれません。
今、寝息をたてて、自分のベッドで寝ているcocoa、
本当はみんな、こんな風に安心してぐっすり眠れる日々を
おくる権利があるはずなのに・・・
切ないですね。
初めてお邪魔しました。
「がんばれ!羽虎。」で、気になっていたぽてちゃん(改め:cocoaちゃん)の近況が気になりお邪魔しました。
実は、私も神奈川県に、クリームのフレブルと、一緒に暮らしており、「ひろしまドッグパーク」での事、
ぽてちゃんのこと、本当に涙が止まりませんでした。
ただ、仕事も抱え、できることといったら、
支援金、署名集める程度でした。
遠くの空から、ワン達の幸せを願うことだけです。
cocoaちゃんの、屈託がない笑顔で安心しました。
「本当の家族に会えたんだね。」
これからも、お邪魔させていただきます。
本当にありがとうございます。
↑すみません。間違えてしまいました。
ぽてちゃんは、ブリンドルの子でした。
ぽてちゃんではなく、ココちゃんでした。
スミマセン。
こゆきママ
こんにちは
なんだか、涙が出て来てしまいました。
何がってわからないんですけれど、
cocoちゃんは少しずつ救われていますね、それが心に響くのかもしれません。cocoちゃんも、とても優しい表情をしていて、虐待をうけてきたとは思えません。なんか逆に癒されているようで(涙)
cocoちゃん、美味しいもの沢山食べられて良かったね。愛してくれる人もたくさんいるよ。

支離滅裂ですみません。また遊びに来ます。
cocoaちゃん!ふぁいとっ!
おひさです・・・。
うるっと来てしまいました・・・。
その後に、なんだか腹が立って、腹が立って!!
cocoaちゃん、ゆっくりでいいから、
お顔もおメメも良くなりますように・・・。
プロフィール

chocolat

Author:chocolat
ようこそ★
<chocolat's Cafe>へ


フレンチブルドッグのLeopold&Lukeと
そして相棒と
鎌倉でのんびり暮らしています。

広島ドッグパークからレスキューされ
みんなから愛されたCocoaは、
2009年11月25日に
虹の橋を渡りました。
お世話になった皆様、
本当にありがとうございました。

リンク
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。