<<04  2017,05/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NHK<クローズアップ現代>
8月5日(水)、NHK<クローズアップ現代>
「ペットは泣いている」~激安競争の裏側で~という内容が放映されました。


右肩上がりの成長を続けてきたペット産業。
そこに今、価格破壊の波が押し寄せている。
不況の影響で消費が冷え込む一方、
インターネットを通じてペットを販売する業者の新規参入が相次ぐなど、
販売業者は増え続けている。
このため、価格競争がエスカレートし、
そのしわ寄せはペットを直撃している。
コストを削減するために、繁殖犬に十分なエサも与えず、
年に何回も子犬を産ませる"パピーミル(子犬工場)"と呼ばれる悪質な業者も登場。
一方で、飼い主の中にも、安易な理由でペットを手放してしまう人たちがあとを絶たず、
毎年、10万頭あまりの犬が行政によって処分されている。
人間の都合に翻弄されるペットをどのように守っていけばよいのかについて考える。

スタジオゲスト : 野上 ふさ子さん
    (動物保護団体「地球生物会議」代表)



需要があるからこそ、供給もされている。
ペットについても、もちろんそう思います。
パピーミルを成り立たせているのは、数多くの<犬・猫好き>の人間です。
そこをもう一度、よく考えてみなくてはいけないのではないでしょうか。
繁殖・販売をしている側に、もっと厳しい規制をかけることも必要ですが
買う(飼う)側の意識も変えていかないと、ペットをとりまく環境は変わらないと思います。
安易に買って、何か飼い主側に不都合な理由ができると
(本人は、やむにやまれぬ理由だと思っているはずですが。)
飼育放棄して、あげく、保健所に持ち込む。
ひとつの命を、自身の選択でむかえた以上は、
飼えなくなる理由がうまれた時にどうするか・・・・・ももちろん、
考えておくべきだと思います。
ガス室で苦しんで(決して安楽死ではありません。)死んでいく命が
どうかひとつでも減りますように、と番組を見て強く願いました。

今発売されている週刊ポストでも、
この番組で取り上げられていた熊本の保健所についての記事が掲載されています。
ぜひ、ご一読されることをおすすめします。

■この番組をご覧になっていなかった方もいるかと思います。
 Youtubeにアップされていましたので、URLを貼っておきます。

 →こちらから。
  
  
  

フレンチブルドッグひろば
スポンサーサイト

テーマ : フレンチブルドッグ★ライフ
ジャンル : ペット

Secret
(非公開コメント受付中)

こういう特集だったのを知らなかったので、途中から見ました。
かなりショックな映像だらけで泣きました。
熊本の取組みも過激かなと思うところもありますが、きっとそこまでしないとダメなんでしょうね・・・
動物と一緒に暮らしてる人も暮らしてない人も見てもらいたい番組だと思いました。
心が痛み、途中で見るのを止めました。
>haruさん
NHKでこういったテーマをとりあげた番組を放映して下さると
いろんな意味で、感じるものを持って下さる方が増えると思うので
意義深いですね。
ぜひ、続けて取り上げて欲しいものです。

>きもけんさん
そうですね、つらい映像が
多かったですね。
でも、現実はもっと
悲惨だと思います。
プロフィール

chocolat

Author:chocolat
ようこそ★
<chocolat's Cafe>へ


フレンチブルドッグのLeopold&Lukeと
そして相棒と
鎌倉でのんびり暮らしています。

広島ドッグパークからレスキューされ
みんなから愛されたCocoaは、
2009年11月25日に
虹の橋を渡りました。
お世話になった皆様、
本当にありがとうございました。

リンク
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。