<<05  2017,06/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フィラリアについて
→フレンチブルドッグひろば

今年もフィラリア予防薬投与の時期がきました。
通年投与する地域もあるかと思いますが、我が家の辺りは
5月~11月頃まで投与する人が多いようです。
うちには庭に池があり、蚊が結構発生してしまうので、もう少し長く投与すると思いますが・・・・

さてここで、皆さんご存知のことばかりだと思いますが少しおさらいを。

【フィラリアとは】
フィラリア症(犬糸状虫症)とは、蚊によって媒介される
フィラリア(犬糸状虫)という寄生虫によって起こる病気です。
犬の心臓や肺の血管に寄生し、呼吸器や循環器、泌尿器に
障害をもたらします。

【フィラリアの感染経路】
①フィラリアに感染している犬から蚊が血液とともに
 ミクロフィラリア(フィラリアの子虫)を吸い込む。
②蚊に取り込まれたミクロフィラリアが、
 蚊の体内で感染能力のある感染子虫に成長する。
③蚊が犬を吸血する際に感染子虫が犬の体内に侵入する。
④感染子虫は犬の体組織を移動しながら成長していき、
 やがて心臓にたどりつき成虫となる。
 (この成虫は約5年間生きます。)

【フィラリアの症状】
最初のころは、咳をする、やせてくる、食欲がない、
散歩などの運動を嫌がる。
症状が重くなると、失神、貧血、腹部がふくれる(腹水のため)、
尿が赤くなる(血色素尿)などの症状もみられるようになります。

【フィラリアの予防方法】
フィラリアは予防薬で感染を防ぐことができます。
予防時期は地域によって異なりますが、毎年、
蚊の活動開始1カ月後から活動終了1カ月後まで、
予防薬を投与することで、感染を防ぐことができます。
ただし、感染してから予防薬を始めると、ショックを起こすことがあるので、
生後6カ月以上の犬に初めて予防薬を与えるときには、
すでにフィラリアにかかっていないか、検査が必要になる場合もあります。

ここでひとつ重要なことは・・・
フィラリアの予防薬は、正確には、
犬が蚊に刺されるのを予防するのではなく、
蚊から刺されたときに皮膚に入ってくるフィラリアの幼虫が
血液中に達する前に駆除する薬です。

なので、予防薬を投与するだけでなく、
犬が蚊に刺されないように予防することも大切です。

フィラリアの検査には2種類あるのですが
■ミクロフィラリア検査
 血液中のミクロフィラリアの有無のみをチェックする検査方法。
 直接鏡検と、集中法、フィルター法などがあります。
■抗原検査
 検査キットを用いて、血液中に成虫が放出している物質(抗原)を
 化学的に反応させる方法。
 数分で判定がつき、ミクロフィラリア検査より正確な結果が得られます。
ほとんどが、ミクロフィラリア検査のみだと思います。

近年、フィラリアのオカルト感染が急増しているそうです。
■オカルト感染
 感染があっても、血中にミクロフィラリアが証明されていないもの
 つまり、フィラリア(成虫)が心臓に寄生していても
 ミクロフィラリア(幼虫)を産出せず、成虫の寄生を見逃してしまう、
 ということです。
オカルト感染の有無は、抗原検査でないとわかりませんので、
心配な方は一度、獣医さんに相談してみるといいかもしれません。

オカルト感染の原因のひとつに<不完全予防>があります。
■不完全予防
・1回もしくは数回、投薬を忘れてしまう
・投薬時期を早めに切り上げてしまった
・犬が薬を気づいていないうちに吐き出していた
・薬が吸収されていない(体調不良時に投与したなど)
1999年に日本糸条虫症例会が行った全国疫学調査によると、
予防をまったくしなかった犬のフィラリア感染率は、関東の例で50%ですが、
不完全予防でも、関東の例で45.6%の犬が感染しています。
一方、完全予防では、この調査では感染を認めませんでした。

フィラリアは、きちんと予防薬を与えていれば、ほぽ100%予防できる病気です。
愛犬の健康を守るために、私たち飼い主にできることは何か、
これからも考えていきたいと思います。


レオ・ココもフィラリア予防薬をいただいてきました。
ココ、体重9.9kg。だいぶ増えてきました!
で、レオ体重11.38kg・・・・来月までには少し痩せた方がいいかと思われます^^;
DSCF5781.jpg

その他にも諸々。
■マラセブシャンプー
 レオに、ニキビ?みたいな湿疹がチラホラできてます。
 昨年の今頃にも出てたのですが、今回も同じように新陳代謝で分泌されたものが
 毛穴に詰まってできた湿疹のようです。
 マラセブシャンプーでしばらく様子見。

■点眼薬
 ココの視力の弱い方の眼(左目)の目やにが気になるので、診ていただきました。
 結膜炎のような症状だそうで、大したことはありませんでした。
 が、右目の角膜に傷が・・・・^^;
 それぞれの点眼薬が処方されました。
 あとレオにも、これまでに引き続き、角膜を保護するための点眼用オイルをいただきました。
 (細かい傷が結構ついているんです・・・・)

■耳の洗浄液とフロントラインプラス
 フロントラインはできれば使いたくないんですけどねぇ・・・
 去年、ガーリックのサプリとハーブ系の虫除けスプレーが
 結構有効的だったようなので、今年も続けていくつもりです。

早速、マラセブシャンプーで2頭を洗いました。
 
ココが来たばかりの頃は、2頭を別々にシャンプーしてましたが
最近は一緒に洗っちゃいます。

ぼくちん、シャワーだいすきなのだ。
IMGP5508.jpg

うちはできれば、遠慮したいじゃけ・・・・
IMGP5507.jpg

レオもココも、おとなしく洗わせてくれるので大変じゃないんですが、
とにかくココはシャワーがお気に召さないようで・・・
風呂場の床に、ヤモリみたいにペタっと貼り付いてしまいます(笑)
IMGP5526.jpg

順番はレオからと決まっております。
まずは肛門腺絞り。(お見苦しい写真ですみません。)
いつもは、左手でお尻を押さえて右手で絞ります。
レオの肛門腺の位置は、だいたいこの辺り。
IMGP5510.jpg

シャンプーの度に絞るので、大量に出ることはありませんが、
ストレスがたまったり疲れたりすると、急激に溜まることもあるので要注意。

体を洗う時には、スポンジでシャンプーを泡立てて使います。
IMGP5517.jpg

このまましばらく放置。
IMGP5520.jpg

その間に、洗浄液で耳掃除をして、濡らしたガーゼで顔を洗います。
IMGP5522.jpg

で、ココにも同じことをして、その後、レオを洗い流す・・・
と効率が良いのです★
レオもココも2度洗いしてサッパリ。
IMGP5531.jpg

お風呂上りにはコーヒー牛乳じゃけー

それは無理です(笑)

春先の免疫力が落ちる季節には、肝機能の強化と保護のために
<レバーバランス・ミックス>(ダンデライオンの根・マリアアザミの種他)を食餌に足してます。
狂犬病の注射、フィラリアの予防薬、と肝臓に負担のかかることが続くので、
最近も引き続き与えています。
DSCF5641.jpg

他には・・・・
■アースリージ(コンドロイチン・グルコサミン~関節のために)
■スパイラルエンザイム(植物発酵エキス)
■メニわんEye(レオの進行性網膜萎縮症のサプリ)
などを足してます。

今日は、先日ペット博で購入したワンフーのうさぎ肉。
IMGP5543.jpg

あとは、納豆・大根・にんじん・キュウリ・エリンギ。
IMGP5535.jpg

ココには、オートミールを足します。
IMGP5537.jpg

レオの早食いを上回る、ココの食べる早さにご注目。


食器台の下に新聞紙を敷いてるところは見なかったことに・・・(爆)

★★続々新しいお友達が増えてます★★
20070418162122.jpg
(special thanks.ガイ姉さん


スポンサーサイト

テーマ : フレンチブルドッグ★ライフ
ジャンル : ペット

Secret
(非公開コメント受付中)

はじめまして
レオくんとココちゃんに会いに何度かお邪魔していましたが、コメントするのは始めてです。
うちもついこの間フィラリアの検査をしてお薬ももらったんですが、心配なのでシトロネラの虫除けスプレーをお散歩の時に使ってます。肌荒れもなく効き目はあるみたいです。ガーリックのサプリもいいんですね!試してみようかな。
バスタオルにくるまった写真、かわいいですね!
>ヴィンままさん
コメントありがとうございます♪
ガーリックは、匂いが虫除けになるらしいです。
時々、食餌にすりおろしたニンニクを混ぜたりもしますが
サプリの方が与えやすいですしね★
いやいや、風呂上がりにはビールでしょe-257
っつーか、画像暗っ(笑)

春~夏に皮膚が悪化するのは、この時期に花粉やカビの量が
空気中に増えることも関係しているみたいー。
ガイ坊も決ってこの時期に膿皮症になるぉ~~e-263
>ガイ姉さん
うん、私も暗いなーと思った>動画(笑)
でも無理やりアップしちゃいました^^;
最近、空気清浄機をつけてなかったんだけど
やっぱり、ずっと使ってた方がよかったのかなぁー
ココはなんともないんだけどねぇ。。。
フィラリアで亡くなる犬
都会に住んでいるとフィラリアで亡くなった・・・という話はあんまり実感がないかもしれないですよね~。

うちの親戚の犬なんかは結構フィラリアで亡くなっています。山口の田舎なので、動物病院もそんなにないし、そもそも飼い主さんにそういう意識がないんですよね。予防接種もしてないし。去年茨城の方で知り合った飼い主さんもフィラリアで一昨年愛犬を亡くしたという話を聞いているので、結構フィラリアって身近な死亡原因だと思うんですよね・・・。

うちも今は蚊だらけの田舎だから、ちゃんと薬飲まないとな~って(ついつい忘れちゃう。苦笑)
>cacoさん
身近なところで、話を聞かないと
どこか遠いところのことと思いがちですよね・・・
我が家は、裏手に神社のあること、庭に池があることで
これからの時期、蚊がかなり発生するんです(汗)
ほんと気をつけないとです・・・
プロフィール

chocolat

Author:chocolat
ようこそ★
<chocolat's Cafe>へ


フレンチブルドッグのLeopold&Lukeと
そして相棒と
鎌倉でのんびり暮らしています。

広島ドッグパークからレスキューされ
みんなから愛されたCocoaは、
2009年11月25日に
虹の橋を渡りました。
お世話になった皆様、
本当にありがとうございました。

リンク
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。