<<06  2017,07/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トレーニング~レオ編(第5回)
フレンチブルドッグひろば

先週の土曜日で、レオのトレーニングも早いもので5回目。
ちょうど折り返し地点です。

レオはレッスンの時間が楽しみで仕方がない様子で、
先週は、先生からお電話をいただき、時間を早めるお話をしていたら
そばで聞いてたレオがすかさず、玄関に行って私をじーーーっと見てました。
「レオ、先生が来るまで待ってるの?」と聞いてみたら(笑)
どうやらそのつもりらしく、動きません。
なので、待つなら座って待ちなさいね、とお座りさせたら
そのままじーっと、15分くらい座ってました・・・・(汗)
「先生が来たら教えてね。」って言っておいたせいか、
先生がまだチャイムも鳴らさない前から、
「ママ、先生来てくれたよーーー」とばかりに、
ワンワンと吠えて知らせてくれました。(たぶん(笑))

ぼくちん、先生が大好きなのだ。
DSCF6997.jpg

暑いかな、と思い、手ぬぐい@100均で保冷剤を包み、首に巻きました。
似合い過ぎーーー(笑)

今回も、今までの復習からスタートです。

*8の字で歩く~ツケ・回れ(普通の速さ・早足・ゆっくり)
*座れ~パイロンまで歩く間に5回
*止まれ
*おいで


今日は、言葉での指示は1回だけを徹底しての復習です。
1度でできなかったら、チョークを鳴らして合図したり、体を触って促すのはOK。
座れが相変わらず反応が鈍い(汗)のですが、
他は本当に上手にできてました。
人に見られると張り切るレオです。

ここで私から先生に質問。
今まではついつい、レオが先に歩いたり、ふざけたりすると
「イケナイ」とか「ダメ」と言って叱ってしまってました。
その時はそれで止めますが、日が改まればまた同じことを繰り返します。
それはなぜだったんだろう、と・・・・
やってはいけないことを教え込むのがいかに大変か、は
私自身、子育てで充分に経験済みです。
そのときのことを先生とお話していて思い出しました。
やってしまってから叱る、のではなく、
やらせないことが大事なのだし、そのためには、
<やること>を与えてあげることが大切なんですよね。
先生は、そうすれば犬が迷わなくなる、とおっしゃってました。
禁止や抑制ばかりしていると、じゃどうすればいいの、と不安になります。
これをやれば褒めてもらえる→これをやっておけばいいんだ、とわかれば
いつも安定した心で過ごすことができますね。

新しい項目のひとつ目は・・・<狭いところを通り抜ける>
8の字で歩くコースの途中に、
私とレオが並んでは通れないくらいの幅に置いたパイロンを置き、
その間をどう通り抜けるか、なのですが・・・・
まず先生に何のアドバイスもいただかないで、とにかく歩いてみました。
私が先に行くことしか意識してなかったのですが、
上手い具合にレオが後ろから付いてきたので、パイロンの間を上手に抜けられました。
が、これでいいわけではなく・・・・(汗)

これまでにやってきたことが身につき、自然にできていれば
もっとスムーズにできたんですよね。
つまり、
パイロンの手前で<止まれ><待て>、そして私が先に通り抜けた後、
<おいで>でレオを呼び寄せればいいんです。
先生に言われないと気づかないなんてダメですよねぇ・・・

もうひとつ、ここで気をつけることは、
飼い主が止まって歩き出す前に、安全確認を怠らないということ。
なぜ飼い主が先を行くか・・・・それはリーダーだから云々の前に
犬の安全を守るのが飼い主としての役目だからだと聞き、
確かにその通りだな、とうなづいてしまいました。
日常のお散歩等の中で、こういう場面があるとしたら、
家の門から外に出る時、とか、公園の出口(柵がある場合が多いですよね)から出る時とかですよね。
犬を先に歩かせてしまうと、もし何か危ないこと(車や自転車が急に近づいてくるとか)
があった場合、避けきれないかもしれません。
飼い主と犬の上下関係とか、主従関係を守るために、
ツケで歩かせたり、止まれや待てをさせるんじゃなくて
まず私達は、大事な愛犬を守ってあげることを第一に考えて
行動しないといけないんだなと、再認識しました。

次に、今度は今までとは違う、最大の誘惑を乗り越えて、ツケで歩くレッスンです。
最大の誘惑・・・それはオヤツ(笑)
薩美先生のレッスンは一切、オヤツを使わないので、
まずオヤツを先生から貰うと(これはあえて、オヤツを認識させるために与えました)
レオ、驚き&大興奮(爆)

8の字で歩く途中、2ヶ所にオヤツを置き、
そのそばを歩く際に、きちんとツケで歩ければOKです。
オヤツの場所は私はわかっているので、そばを通る前にすかさず、
<ツイテ>と声をかけ、素早く歩いて通り過ぎます。
きちんとツイテ歩けたら、もちろんご褒美(褒める・なでる)をあげます。
何度か繰り返しているうちに、レオ、置いてあるオヤツを気にすることなく
歩けるようになりました。
これは拾い食いさせないためにも大切なレッスンですね。

落ちているものを勝手に食べてはいけない、ことを徹底させるには、
食べていいのは飼い主の手から与えられたものだけ、だということを
理解させてあげればいいんです。
レッスンに使ったオヤツは、終わっても絶対与えてはいけません。
落ちていたものは、食べられないもの、と犬に覚えさせるためにです。
あげるとしたら、新たに袋から出したオヤツを与えます。
今後は、先生から直接、レオにオヤツをあげることもしません。
いったん私に渡し、私の手からレオに与えます。
こういうことを繰り返すうちに、おそらく、
誰かがレオにオヤツをあげようとすると、私の方を見て
「貰っていいなのだ?」と聞くようになると先生がおっしゃってました。
そこで私がレオに、表情で「ダメだよ。」と伝え、それをレオが理解し
諦めるようになれば・・・・無理かなぁ(笑)
でも知らない人から与えられる食べ物を、勝手に口にしない、
それができるようになると、危ない目にあうかもしれない可能性が
ぐんと減りますね。

次に、これまでもやってきた<待て>を時間を計ってやりました。
伏せのまま、待てを3分間。
最初はものすごーーーく苦労したこの待てですが、
(レオが私に常に注目するよう、四苦八苦しました^^;)
1回だけ、伏せの姿勢を少し崩そうとしてしまったくらいで、
スムーズにできました。
しかもレオが私の方をしっかり見ていたのですが、
先生は、これが本当の<アイコンタクト>ですよ、とおっしゃって下さいました。
つまり、レオは目で私に「これでいいなのだ?」って聞いてきて
それに対して私も、目や表情で
「うん、よくできてるね。そのまま待てでいいんだよ。」と
会話してることになってたんですよね。

レッスンを始める前までも、私はレオの気持ちを汲み取ろうと努力していたつもりだし、
レオも私にいろんな表情や態度で、気持ちを表現しようとしてたと思います。
だけど、レッスンを始めてからは、今までよりスムーズに自然に、
今回のように会話ができるようになってたな、と
先生の言葉を聞いて思いました。

私が先生にレッスンを通して教えていただいた基本の5つ、
<座れ><待て><伏せ><おいで><ツケ>
は、レオと私の共通の言語になり、同じ言葉を持つことで
会話がスムーズに交わせるようになるんですよ、と先生に教えていただきました。
なんだかそう考えると、躾だとか、訓練だとかではなく
先生がレッスンと呼ぶのがわかる気がします。
私とレオが、先生に教えていただいているのは、
レオをいい仔に育てるための方法ではなくて
私とレオが、楽しく会話できるようになるための方法なんですよね。

私はレオがしゃべれるといいのにってずっと思ってました。
でも、できないことを望んで、叶わないことに落胆するよりも
今すぐに実行できる手段を使って、いっぱいいっぱい、レオと会話していけたらそれでいいと思います。
そして、ダメ、イケナイという言葉ばかりをかけて
レオを迷わせたり、不安にさせるよりも、
どうやったら1分でも1秒でも多く、レオが楽しくって嬉しい時を過ごせるのか、を
考えていってあげたいです。
そのためには、私がたくさんのご褒美をレオにあげられる環境を整えてあげなければいけませんね。
褒められる行動をレオがどんどんするように、促していけばいい、
それだけのことなんですが、まだまだ私には修行が足りないかもです。

よかったら薩美先生の<命を守るベーシック5>をぜひ、ご一読下さい。

ぼくちんのオヤツ、まだなのだ?
DSCF6996.jpg


★★続々新しいお友達が増えてます★★
new.gif

(special thanks.ガイ姉さん

<web拍手>よろしくお願いします♪



スポンサーサイト

テーマ : フレンチブルドッグ★ライフ
ジャンル : ペット

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

chocolat

Author:chocolat
ようこそ★
<chocolat's Cafe>へ


フレンチブルドッグのLeopold&Lukeと
そして相棒と
鎌倉でのんびり暮らしています。

広島ドッグパークからレスキューされ
みんなから愛されたCocoaは、
2009年11月25日に
虹の橋を渡りました。
お世話になった皆様、
本当にありがとうございました。

リンク
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。